最新情報

2021 / 11 / 08  12:53

葡萄のスリット窓をご紹介します

葡萄のスリット窓

続きまして、先週取り付けたばかりの「葡萄のスリット窓」をご紹介します。

東京・練馬、Hさまの会社のエントランスにある「磨りガラスのスリット窓」。その磨りガラスをステンドグラスに取り換えたいというご注文でした。

「間仕切りなので、向こうが見えないようにしたい」

というHさまのご希望により「不透明ガラス」のステンドグラスに。デザインは「植物で」ということで、4パターンのデザイン画を描き、ご提案しました。この窓の特徴は、その細長さ。横幅が122ミリ、高さは1805ミリ。会社のエントランスということで、上に伸びる蔓性植物を中心に、葡萄やクレマチス 、蔓薔薇などを細長い窓に合うようデザインしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5630.JPG  IMG_5813.jpg

 選ばれたのは、葡萄のデザインでした。2枚並んだ窓ですので、左右少しだけデザインを変えて自然な対称となるようにしました。原寸大のデザイン画を描き、それを見ながら、使用するガラスを選んでいきます。今回は、Hさまのご希望により不透明ガラスを使用しましたが、一部透け感のあるもの、オパールのように輝くものなども取り合わせ、上品ながら華やかな印象に。

 

IMG_7026.JPG 

下絵通りカットしたガラスを、確認しながら配置します。細長い窓のため、今回は鉛線で組む技法ではなく、カパーホイルを巻き、ハンダづけをする技法を採用しました。より柔らかく繊細な表情となります。

 

IMG_6317.JPG   IMG_6305.JPG 

すべてのガラスピースをハンダでつなげたところです。この銀色のハンダを、最後に黒く染めていきます。

IMG_6335.JPG

完成! 歪まないように、外周は真鍮でしっかりと補強してあります。現場での取り付けに使う押縁は、もともとの建具と色を揃え、明るい茶色に塗装。準備を整えて、ステンドグラスが決して割れないように木箱に入れて東京へ。10時着のお約束のため、朝7時前に出発です。

 

Hさまの会社では、まず、取り付けられている磨りガラスを建具から取り外す作業から始めました。今回の建具は押縁が接着されていて取り外せなかったため、ガラスを割り取るという方法に。磨りガラスの裏全体にテープを貼って飛び散りを防止し、ガラスカッターで切れ目を入れて、ハンマーで割り取る。4ミリ厚のガラスがどんどん割れます。

IMG_7028.JPG

こんなに割り取れました! このあと、ステンドグラスを嵌めていきます。

 

IMG_6961.JPG   IMG_6958.JPG

ステンドグラスの表裏を押縁でしっかり固定して取り付け完了です!

 

IMG_6968.JPG   IMG_6982.JPG

 階段側から見たところ。エントランスの壁のオパール塗装と似合っています。屋内でも、照明があたるとガラスがきらきらと輝きます。

  

 IMG_7029.JPG          IMG_6977.JPG

  ↑ 取り付け前                 ↑ 取り付け後

取り付け前と印象がだいぶ変わり、Hさまにもとても喜んでいただけました。 

 

 

2021 / 11 / 08  11:10

生徒さん作の窓をご紹介します

生徒さん作の窓をご紹介します

こんにちは。久しぶりの投稿です。いつの間にかアトリエ周辺の木々も色づき、カラマツの葉が落ち始めています。

10月中旬から11月初旬にかけて、生徒さんの作品や注文窓の取り付けラッシュが続いていました。ようやく一息つきましたので、ひとつずつご紹介したいと思います。

まずは、教室に通ってくださっているHさん作の窓。

シンプルな線がお好みのHさん。モダンなデザインで、その分ガラスの色の美しさにこだわり、貴重なアンティークガラスをたくさん使った窓です。

「窓から見える空の色は隠したくない」

とのご要望があったので、空の見える窓の上部は無色透明に近いガラスを使用しています。右下には絵付けしたホワイトテリアの小さなガラスピースを。鮮やかで、唯一無二の窓ができました。

今回は、既存の窓の上に、ステンドグラスのための木製サッシを新たに取り付ける方法で施工しました。既存の窓は手前開きと上部開きができる特殊なもの。その窓の動きを妨げないように、木製サッシのサイズや取り付け方を工夫しました。

裏にある既存の金属サッシが見えないように、幅広の額縁のように木を組み、室内の木部と同じ色になるように塗装。その特製サッシを既存の窓のハンドルに触れないぎりぎりの場所に取り付けます。

IMG_6720.JPG

 

蝶番も内装に合わせシックな色で。無垢の木の歪みも想定し、一枚板ではなく3本の材を組み合わせる方法で木製サッシをつくりました。

IMG_6726.JPG

 

木製サッシの動きを確認したところで、いよいよステンドグラスの取り付けです。

IMG_6738.JPG

 

押縁でステンドグラスを押さえて、無事取り付け完了。既存の窓を開けたいときには、ステンドグラスの窓がきちんと開くようになっています。

IMG_6758.JPG

 

室内からは木製サッシが見えるので、部屋の窓周りの雰囲気がガラッと変わりました。Hさんご夫妻にも喜んでいただけて、充実した取り付けとなりました。

2021 / 08 / 19  13:28

取り付けた窓の撮影にいってきました

窓の撮影に行ってきました

こんにちは。先日、7月に取り付けたAさま邸の窓を撮影してきました。

夕陽の射し込む午後4時の撮影です。

 

 

 

 

 

花の背景の青色が美しいです。

DSC_0219.jpg

 

陽が傾き、床に映り込む光がだんだんと長くなります。  

DSC_0263 (3).jpg

 

 

2021 / 07 / 12  11:23

アンティークステンドグラス窓の取り付けにいってきました

アンティークステンドグラス窓の取り付けにいってきました

こんにちは。毎日よく雨が降りますね。

そんな連日の雨の合間を縫って、アンティークステンドグラス窓の取り付けに行ってきました。

長野県在住のAさまに、「ずっと昔に購入し、そのまま取り付けずにいた4枚の窓を、引っ越し先の窓に入れたい」とご相談いただいたのは数ヶ月前のこと。拝見すると、貴重な19世紀後半の作品でした。一部に割れがあり、傷んでいた鉛線の交換も必要だったため、作品を一度お預かりし、修復しました。修復が終わり、綺麗に磨き上げて、いよいよ取り付けです。

絶対割れないようにステンドグラスを丁寧に梱包し、山道をゆっくり走ってAさま邸に。

 

 

かなり重い作品ですので、まずは既存の窓枠に、ステンドグラスをはめる頑丈な木枠を取り付けます。

IMG_5857.JPG

事前に採寸し、アトリエでつくってきた木枠を現地で窓に固定していきます。

木枠がついたら、ステンドグラス窓を1枚ずつはめていきます。作品を梱包から取り出すのも、丁寧に、丁寧に。木枠に押縁を取り付け、ステンドグラスを挟みます。割れないように慎重な作業が続きます。

IMG_5876.JPG

無事4枚のステンドグラスが窓に入りました。

IMG_5892.JPG

取り付けが終わったときはもう夕方。外光がないので室内からは写真が綺麗に撮れませんでしたので、今度昼間にお伺いして、美しい姿を撮影させていただく予定です。

IMG_5907.JPG

外から見ると、室内の白熱灯の光にステンドグラスが透かされ、綺麗です。夜になり、外の闇が深まるにつれ、ステンドグラスはさらに美しく輝きます。

 

2021 / 06 / 21  14:57

Tさん作「白百合の窓」をご紹介します

生徒さん作「白百合の窓」をご紹介します

こんにちは。梅雨の晴れ間、外に出ると目に眩しいほどの6月の光です。

今日は、生徒さんの作品が素敵にできたのでご紹介いたしますね。

ご紹介するのは、当アトリエの教室に通ってくださっている茅野市のTさんの作品です。日本のステンドグラスの作品集を参考にしてつくった練習作品です。僕は「白百合の窓」と呼んでいます。

不透明ガラスで白百合を、そのまわりを繊細な氷のような地紋の透明ガラスで囲み、一番外側は天然石のようなマーブル模様の赤茶のガラスです。色数を絞り、背景を透明にしたことで、白百合が際立つ上品な作品になりました。

とても見事な仕上がりですが、実はTさんは、ステンドグラスを始めてまだ8ヶ月。この作品が2作目なんですよ。授業のペースは隔週なので、月2回ほど。毎回「今日も楽しみにしてきました^^」と通ってきてくださるのが、僕は何よりうれしいのです!

できあがった「白百合の窓」を、先日早速Tさまのご自宅に取付けにいきました。取付けた瞬間、Tさまと長女のKさんから「わーっ」と歓声が。ステンドグラス職人冥利に尽きる、とても幸せな瞬間です。今回の作品は、白百合の背景を透明ガラスにしたことが大成功でした。外の光や室内からの眺めを遮ることなく、とても軽やかな存在感。でも一枚入っただけで、お部屋の雰囲気がすごく変わりました。

IMG_5836.JPG

青空に映えるステンドグラスです。

バルコニーの銀色の手すりの光が、白百合の葉の緑色のガラスに映り込んで、複雑な色味と輝きを出しているのも素敵でした。

Tさん、とても素晴らしい作品です! 3作目は大きなフロアライトがご希望でしたね。一緒に、素敵なデザインを考えていきましょうね。 

1 2 3 4